webマーケティング未経験からの実践

記事執筆で生計と夢を実現できるか

コロナ禍において在宅ビジネスの需要が高まっています。
専業・副業問わず、参入者が増えていることは否めません。
これからのスキル「伝える力」を身につけるためには!
記事執筆のお仕事が未来を拓くカギになるでしょう。

【サグーワークス】

推敲・校正・記事の品質について

文賢は時短効果とスキルアップ効果に気づきもあり!意味あるサブスク

文賢の時短効果
文賢、利用しています。ライターのお仕事をしていたら、必須だと痛感しました。
今回は、私が文賢を使うことにより、記事制作において時短効果を感じた点を紹介します。

さらに、文賢の魅力は推敲校正だけではなく、アドバイス機能によりスキルアップになるのです。文賢で添削した内容が、次の執筆の際に「ここの部分は文賢に指摘された」と思い出す”気づき”にもなります。

 

サブスクリプション支払いの意味とは?

文賢は、買い切り型の永久保有ツールではありません。

 

ハッキリいって、定額課金のサブスクリプション方式のため、毎月のコストが発生します。そのため、記事の執筆による報酬を得て、文賢利用料以上の収益を出すことが必要でしょう。

ここに大きなポイントがあります。文賢がサブスクである理由は、ライティングのスキルアップにつながるためです。私のように、クラウドワークス登録のライターは、自分でお仕事を見つけ、応募して契約のうえ執筆となります。

もしも、クラウドワークスのライティング業務が片手間の取り組みだった場合、「気が向いたときだけ執筆の仕事をすればいい」という気楽な状態になるでしょう。

気楽な状態が悪いとは言いませんが、ライティングのスキルは数をこなして経験値を上げていかなければ、なかなか品質の良い記事が書けません。

そこで、文賢の利用料月額払いがライター業務の使命感をかき立てるのです。文賢のサブスク形式の利用料の意味は、ライティングのスキルスキルアップにもつながっています。

 

文賢を今後も使っていくのか?




文賢は、ひとり仕事のライター業務をサポートしてくれるツールです。昨今のSEO事情も、コンテンツマーケティングを中心に記事品質の高さを求めるようになってきました。そんなわけで、今後も使っていきます。

 

古きよき時代?では、キーワードさえ詰め込んでいれば上位表示されたこともありました。しかし、検索エンジンの検索結果に表示されるコンテンツは、甘くないです。

今後も精度が求められる中、ライターはクライアントと交わす契約を遂行するために、推敲校正を余儀なくされています。具体的には、言い回しの正しさや文章のねじれ、冗長さなども文賢で修正が可能です。

文賢を使い始めてみると、最後に文賢でチェックして、最終コピペチェックすることにより、自分でのチェック作業の手間が軽減されていることに気づきました。そして、クライアントに納品する際も、安心できるようになったのです。

 

まとめ

文献は、ライター業務をこなす際の使命感を高めるツールです。そのため、文賢は買い切り型のツールよりも毎月課金のツールとして、業務継続・拡大のアシストとなります。

さらに、文賢はひとり業務のライターには便利な確認作業を任せられるので、今後も使っていくでしょう。文賢を使う一番の理由は、推敲校正から得られる文章力を高められる点です。これは、大きな気づきに役立ちます。さらに、業務の時短効果となるでしょう。

 
文章作成アドバイスツール【文賢】

 

  • この記事を書いた人

eddy

自己成長目的の書籍を 実際に読んで体感。 ビジネスで再現して実行。 書籍を使った経験を書評。 主にコピーライティング。 ウェブセールスの学習。

-推敲・校正・記事の品質について
-, ,

© 2020 Webマーケティングは未経験からでも実力がつく!育成型コンテンツ活用術