マインドセット

コンテンツマーケティングの再定義「角度を変えた事実の見方」

脳を活かせ
コンテンツマーケティングを実践している企業は多く。
オウンドメディアという形で情報を整理して、絞り込み注力しているのです。

コンテンツ制作に時間と手間をかけて、1つの媒体として読者に認めてもらうことが目的となります。
私にできる記事作成とは何でしょうか?

 

サムダ君
私にできる記事作成とは、「事実の隙間を広げること」です。

事実の隙間とは、事実を平面で捉えないことでしょうね。

サムダ君
その通りです。事実も2Dや3Dのように角度を変えることで新鮮な発見ができますよ。

 

 

コンテンツマーケティングは楽しさが必要

作業ではなく施策づくり
コンテンツマーケティングを苦痛に感じてしまう場合、それは単なる作業になっているだけです。
コンテンツアイデアを作り上げることや磨き上げていくこと。
誰でもできることではなくて、自分だけが捉える方向性と角度。

 

具体的には・・・!

 

「よくそんなこと気づくよね。」

「そんな発想もアリだよね。」

「そんなこと気づく人いないよね。」

このようなフレーズを周囲から浴びせられた経験はありますか?
なければ、型にはまった生活の中で地道に周囲の許容範囲での人生に浸っているだけではないでしょうか。

 

少し視点を変えてみて、違った角度から”ありきたりの日常”をもう一度見てください。
そこには、隠された新しいコンテンツが眠っているはずです。

そのお宝に気づいた先駆者こそ、Web戦略の勝ち組になるでしょう。
コンテンツ制作はそれだけ、楽しいものなのです。

思考は現実化する「復習アウトプット」失敗の定義

 

  • この記事を書いた人

eddy

自己成長目的の書籍を 実際に読んで体感。 ビジネスで再現して実行。 書籍を使った経験を書評。 主にコピーライティング。 ウェブセールスの学習。

-マインドセット
-,

Copyright© コピーライティング・マーケティング・夢をまけるが価値 , 2019 All Rights Reserved.