webマーケティング未経験からの実践

記事執筆で生計と夢を実現できるか

リモートワークが中心となる現在、在宅ビジネスの需要が高まっています。
専業・副業問わず、自宅時間を有効に使う人は、ま済ます増えてくることでしょう。

これからのスキル「伝える力」を身につけるためには!
記事執筆のお仕事が未来を拓くカギになります。

お仕事の実績を積み重ねて、在宅で副収入を得られるクラウドソーシングで自分の可能性も高めていきましょう。
クラウドワークス



【サグーワークス】

入門学習編

Googleに評価を得るためやるべきこと!個人見解【実体験から】

Googleの評価
Googleの評価を受けることは、Webマーケティングにおいて重要なことです。
Googleは、評価基準を公開していないため、予測範囲での改善や取り組みが必要となります。この記事では、当サイトの管理人が実体験の中で吸収した”やるべきこと”について紹介しましょう。

 

基本知識を知る

Googleの評価について、基本知識を理解しましょう。基本知識とは、3つの評価基準です。

3つの標準レポート課題を分析できる

Googleの評価基準を3つのレポートに分けた場合次のようになります。

 

集客領域

集客領域の概要は次のようになります。

  • ユーザー
  • セッション
  • 新規ユーザー
  • すべてのトラフィック
  • Google広告
  • search Console
  • ソーシャル
  • キャンペーン

すべては、Googleアナリティクスを参考にしたデータ分析項目です。

 

行動領域

行動領域は、次の項目がデータ分析対象となります。

  • 直帰率
  • 平均セッション時間
  • ページビュー数
  • 行動フロー
  • サイトコンテンツ
  • サイトの速度
  • サイト内検索
  • イベント
  • パブリッシャー
  • ウェブテスト

コンバージョン領域

コンバージョン領域は次のような項目です。

  • 目標
  • eコマース
  • マルチチャンネル

準備をする

いままで、紹介した項目をデータ分析項目として日々の変化をチェックすることが必要となります。すべての項目がどこにあるか?事前準備として見つけることがポイントです。

 

今回は、SEO要素となるGoogleの評価を上げるための項目を知る行動について紹介してきました。それぞれの項目については、Googleアナリティクスの使い方を深めていくことが大事です。

Googleアナリティクス公式ページ

 

  • この記事を書いた人

eddy

自己成長目的の書籍を 実際に読んで体感。 ビジネスで再現して実行。 書籍を使った経験を書評。 主にコピーライティング。 ウェブセールスの学習。

-入門学習編
-, ,