記事執筆で生計と夢を実現できるか

リモートワークが中心となる現在、在宅ビジネスの需要が高まっています。
専業・副業問わず、自宅時間を有効に使う人は、ま済ます増えてくることでしょう。

これからのスキル「伝える力」を身につけるためには!
記事執筆のお仕事が未来を拓くカギになります。

お仕事の実績を積み重ねて、在宅で副収入を得られるクラウドソーシングで自分の可能性も高めていきましょう。




クラウドワークス

DX

2022年から2023年に向けて重用される開発スキル

2022年も残りわずかとなり、2023年のビジネスについて考察が求められます。クラウドワークスを使ったビジネスマッチングサイトの動向を見ていくと、ライターの多さを日に日に痛感しています。株式会社ファングリーが運営するフリーランスクリエイターネットワーク「hitch+」で公開されている「フリーランスの業務受注に関する実態調査レポート」によると、全国20~59歳までの男女3,000名の回答者となったフリーランスのうち、12.9%が「ライター・編集者」の仕事という結果です。

ライターの仕事は、自分も取り組んでいるだけに事業投資の少ない点が始めやすいと判断できます。ライター以上にフリーランスの仕事して多かったのは、「エンジニア」です。3,000名の21.2%がフリーランスのエンジニアとなっていました。

データ引用元:https://fungry.co.jp/news/freelance-report/

エンジニアの仕事

結果から読み解く判断は、ライター以上にエンジニアの報酬が高いことではないでしょうか。ライターはエンジニアほどの専門知識がなくても始められます。一方のエンジニアは、アプリ開発や運用の知識がなければ難しい分野です。

 

エンジニアの報酬

エンジニアとして企業の一員だった人が組織に属している状態から脱却を考えて独立することも珍しくないでしょう。フリーランスのエンジニアは、納期と成果物さえ滞りなく提供できれば好きな場所や好きな時間で働ける自由を手に入れられます。エンジニアは、専門知識や経験なども必要なため、高報酬も期待できます。

 

フリーランスでもある私は、ライターのお仕事をメインに「マーケティング」関連の学習も進めています。そんな中、エンジニアを中心に副業やフリーランスの人材を求めているクラウドテックでは、仕事案件の報酬額の違いに驚かされます。時給も4,000円から6,000円の案件もあります。

フリーランス案件紹介サービス【クラウドテック】

開発スキルを得るには?

エンジニアの仕事は時給制の案件もあるため、主婦でも取り組める仕事ですね。ただし、プログラマーとしての実績は必要です。エンジニアとしての勉強は欠かせないでしょう。そこで開発スキルを得るには2年の集中学習を終えることで、即戦力となる道もあります。ただし2年間は学習中のため、報酬のない時期が考えられます。学習期間を乗り切れば、仕事としての需要は高いのではないでしょうか。

RareTECH

RareTECH体験授業参加

  • この記事を書いた人

eddy

自己成長目的の書籍を 実際に読んで体感。 ビジネスで再現して実行。 書籍を使った経験を書評。 主にコピーライティング。 ウェブセールスの学習。

-DX
-, ,