webマーケティング未経験からの実践

記事執筆で生計と夢を実現できるか

リモートワークが中心となる現在、在宅ビジネスの需要が高まっています。
専業・副業問わず、自宅時間を有効に使う人は、ま済ます増えてくることでしょう。

これからのスキル「伝える力」を身につけるためには!
記事執筆のお仕事が未来を拓くカギになります。

お仕事の実績を積み重ねて、在宅で副収入を得られるクラウドソーシングで自分の可能性も高めていきましょう。
クラウドワークス



【サグーワークス】

入門学習編

Webマーケティングは30代から未経験でも通用するの?現状では

Webマーケティング未経験でも30代ならば大丈夫?

Webマーケティング未経験でも実力をつけることは可能です。30代でもまったく問題はないでしょう。その根拠は、年齢制限がないからです。

 

本人がWebマーケティングを習得したいと思ったときが、はじめどきになります。Webマーケティングとは、広い範囲で応用できるため、年齢で参入をはかれません。しいて言うならば、パソコンやスマートデバイスの操作能力には、左右されるでしょう。

 

現状では?

昨今のコロナ禍で変わる社会では、企業が求めている人材が20代有利であることです。20代であれば、何色にも企業色に染めることが可能であり、研修目的でフルに働いてもらうこともできます。さらに晩婚化がすすんでいる現状から、20代独身で住居移転可能な人は多いため、会社として重用されるでしょう。

 

ただし20代の転職では、前職をやめた理由に重要性が見いだせないこともあります。たとえば、「上司に厳しいことを言われたことがパワハラに感じた」など、本人にとっては重要な転職理由であっても、経験の長いビジネスパーソンから見たら”長続きしない”と判断されるでしょう。

 

そのような理由からもWebマーケティング業界への転職を考える30代の人材は、ある程度20代で世間を見てきていることも好材料になります。30代で未経験の状態から、Webマーケティング会社に転職する場合は、20代にない総合的な判断力が求められるでしょう。

 

30代のWebマーケティング未経験者に必要な心構えは?

Webマーケティング未経験者を採用したいと思う企業の本音は何でしょうか?ここにポイントをおいて考えてみると、30代のWebマーケティング未経験者に必要な心構えが見えてきます。

もし、同じ面接会場の待合ロビーに、20代の応募者がいたとしたらどうしますか?見た目じゃなくて、実際に20代の応募者と30代の自分が面接を待っているわけです。

Webマーケティング未経験者であることは、ゆるがない事実になります。それでも企業が面接の場を設けてくれて、「話を聞いてみたい」と時間を用意しているのであれば、心構えはただ1つです。

 

”自分に何ができるのか”

「自分の強みを生かして将来的(できれば1年以内)にどのような業務をこなせるようになるか」をコンセプトとして、明確に伝えることがあげられます。

いままでWebマーケティングにかかわっていなかったけれど、ちがう業種で培ってきた経験を武器にして、新しい風を求めるケースもあります。転職で成功する可能性もあるでしょう。

Webマーケティングのはじめの一歩は文章で伝えることから

 

  • この記事を書いた人

eddy

自己成長目的の書籍を 実際に読んで体感。 ビジネスで再現して実行。 書籍を使った経験を書評。 主にコピーライティング。 ウェブセールスの学習。

-入門学習編
-, ,